事務職がクソつまらない理由6選!やりがいと魅力の見つけ方を解説!

事務職 つまらない

チェック!
転職活動を始めるなら転職エージェントのリクルートエージェント。

◆公式HP:リクルートエージェント

※ポイント1 非公開求人多数、全国対応、サポートの評判や口コミも良い

※ポイント2 書類作成や面接の受けごたえ等、転職活動のサポートの幅が広い

事務職がクソつまらない!!!!!辞めたい!!!!

そう思うのはまだ早いです。

今回の記事では、なぜあなたが事務職をくそつまらないと思うのかの理由と、つまらないと思ってしまったけど、やりがいや魅力を見つけたいと思った人が、どうやりがいや魅力を見つければいいかの方法を解説します。

事務職とひとえに、言ってもいろいろあります。

一般事務、営業事務、経理事務、人事事務、総務事務、法務事務、貿易事務等々。

ですが、事務職がつまらない理由がある程度共通しています。

何故事務職はつまらないと思われがちなのでしょうか。

営業事務 合わない営業事務だけど営業と合わない時は辞めてもいい

事務職がつまらない理由6選

1. 決まりきった仕事をひたすらこなす単調作業だから。

事務職がつまらない理由の1つ目は、決まりきった仕事をひたすらこなす単調作業だからです。

単純作業ってやはり飽きやすいです。

毎日朝出社する。そして与えられた仕事を単調に繰り返すのみ。同じことばかりなので刺激が足りない。

特に週末にプライベートな予定を入れて楽しんでいる人にとっては日曜の夜は苦痛なのではないのでしょうか。再び現実に引き戻されて刺激のない仕事をこなし続ける。

学生時代、毎日のように遊んでいた学生からしたら、「え?事務職ってこんなにつまらないの?」と学生から社会人への落差を思いっきり感じると思います。

女性で事務職の就職を目指す人は多いと思います。なんとなく一般職を目指す女性はたくさんいます。そして社会人になってからギャップを感じるのです。

2. デスクワークがメインだから。

事務職がつまらない理由の2つ目は、デスクワークがメインだからです。

仕事はこなしていたとしても、座りっぱなしなのが「マジでストレスたまるんだけど」と思っている人はいないでしょうか。

デスクワークなので、いつも風景は一緒です。
いつも隣には同じ人がいて、同じ作業をしています。

向かい側の正面には、禿げた上司がパソコン作業をしながら、時折こっちを見てくる。

こっち見んな!!!

人事であれば採用活動で学生と面接したり、経理業務であれば、銀行にお金を引き出しに行ったりと外に出る機会も増えますが、総務や一般事務はなかなか外に出ることが出来ません。

新しい人と知り合う機会はほとんどありません。

3. 楽すぎて暇だから。

事務職がつまらない理由の3つ目は、楽すぎて暇だからです。

これは職場によるところが多いです。ブラック企業であれば事務職もくそ忙しいです。
くそ忙しいけど膨大な単調な仕事が嫌すぎて事務職を辞める人もいます。

ですが、ホワイト企業であれば、そうではありません。

逆に単調作業だし、慣れてくるとすぐ仕事を終わらせることができるようになる場合もあります。仕事が定時前に終わってしまってマジでやることがないってなった場合、本当に暇な事務職の人は、暇な事務職同士でお菓子を食べながら話はじめ、定時を待ちます。

勿論、業務中にお菓子を食うなんて言語道断!って会社の方が多いと思うので、そういう会社の場合は、やることのないのに、パソコン作業をしているふりを始めます。

それは辛い。

やることないのに、パソコンのEnterとbackボタン押すのは本当につまらないですよ。

暇すぎて、Yahooニュースとか見ちゃいますね。

4. 評価が減点法だから。

事務職がつまらない理由の4つ目は、評価が減点法だからです。
事務職は業務を滞りなく進めていくということが仕事上で求められます。

大きな仕事をこなして成果を出すというよりいかにミスをなくすか、ミスをしないかが重要です。

ルーティンワーク中心の場合、ケアレスミスが命取りになります。

頑張った分だけ評価されたい、給料や賞与を上げたいと思っている人には向いていないです

「私こんなに頑張っているのに!」と思っても企業はそこを評価してくれません。
ミスがないかどうかを評価しているのです。

5. 何のために事務を頑張っているか分からなくなるから。

事務職のつまらない理由の5つ目は、何のために事務を頑張っているのか分からなくなるからです。

営業職の場合は、この商品がこんだけ売り上げを出したとか、この企画が相手にこれだけ貢献したとかが目に見えやすいですが、事務職の場合は自分の仕事が何に役に立っているのか分からなくなる場合があります。

BtoBの企業の営業でも自分の扱う製品が最終的にどうなるのかよく分からなくてやりがいを感じないというパターンもありますが、そのようなパターンと似ていますね。

何のために事務を頑張っているのか分からなくなると、とたんに仕事がつまらなくなります。

6. 人間関係が変わらないから。

事務職のつまらない理由の6つ目は、人間関係が変わらないからです。

小さな会社であればあるほど、社内のメンバーはほとんど変わりません。

そうなると人間関係が全く変わらないのです。
そういう環境が良い、そういう環境が楽だと思う事務職員もいるので一概には言えませんが、いつも同じ人と雑談ばかりしていて、話のネタもそこまでないしつまらないと思う人もいると思います。

また社内のメンバーが反りが合わなくて話も合わないという場合は、一緒に食事を取りたくない場合もあるので、その場合は一人でご飯を食べることになります。

そういう状況を詰まらないと感じる人もいるでしょう。

以上が事務職がクソつまらない理由6選です。

今事務職から転職をする人が急増しています。下記記事で転職人口について触れています。

転職人口 300万人 転職人口はなんと年間300万人で2人に1人?転職は当たり前の理由4選

事務職がつまらなすぎて頭がどうにかなりそう!

事務職がつまらなすぎて頭がどうにかなりそう!と言っていて、結局事務職から転職した友人の話です。

事務職は、本当に暇で暇でたまらない。
暇すぎて、ネットサーフィンをしたり、トイレに行って携帯をいじったりして時間をつぶしている。

基本的に自発的に仕事を取り組むわけではなく受け身体制で、誰かから仕事を頼まれるのを待つ。

なんだか時間をものすごく浪費しているだけで、時間つぶしている間にただ年老いていく感覚。
若いうちはまだまだ周りにちやほやされてたけど、次の新卒が入ってきたりしたら、もう他の社員は新卒をチヤホヤし始める。

かといって、新卒との差は、ちょっとだけ仕事を早く終わらせられるだけ。
強者の新卒はあっという間に先に入った事務職の社員を追い抜いていく。

毎日が同じような感覚で本当につまらない。

待遇は良い気もするのに、仕事内容がつまらなすぎる。
毎日自分の机に座るたびにまたいつもの作業かと思いながらパソコンに電源を入れる。

毎日が同じ日々の繰り返しで頭が狂いそう。

ある時、私は会社を休んだ。仮病だった。

会社に行きたくない。事務仕事がつまらなすぎる。そう感じて玄関のドアを開けるのをためらったのだ。
そして会社に連絡をしていた。

この時に、このまま事務職を本当に続けていいのか分からなくなった。
でも周りに相談する友人もいない。居てもみんな事務職ばかり。

結局私は転職エージェントに相談することにした。
相談しないと始まらない。そう感じて面談を行った。

「事務職以外の仕事もいっぱいありますよ」とエージェントは、営業職や販売職の仕事、クリエイター職などの様々な求人を紹介してくれた。

私はその中で営業職だけどノルマが少ない求人を見つけた。私にもできるかもしれないと思って、応募した。しっかりとエージェントと相談して準備していったので、たまたまそこから内定をもらった。

現在は営業職として、定期的に会社の外に飛び出している。
一番やりがいを感じるのは、お客様に提案が通った時。

しかもお客様自身もサービスを気に入っている時。
そういう時が一番やりがいを感じる。

悩んでいたけど、本当に自分に向き合って転職相談をしてよかった。

同じ会社 同じ仕事 飽きる同じ会社で同じ仕事をすると飽きる。仕事が飽きた時の対処法7選

事務職をつまらないと思っているけど転職もそこまで考えていないという人は転職サイトでのんびりと求人を見てみるという方法もオススメです。ネットサーフィンのような感覚です。下記から登録できます。

転職サイト人気No1!

今すぐリクナビNEXTで求人を探す

5分で登録。しかも無料です…!

企業の口コミを調べるサイトとしては、キャリコネがオススメです。企業の裏情報をしっかりと調べることが出来ますよ。下記から利用可能です。

企業の口コミをしっかりと調べられる!

今すぐキャリコネで企業の裏の口コミをチェックする

5分で登録。しかも無料です…!

事務職からすぐに転職するつもりがなくても情報収集しておくのは良いことですよ。

事務職のやりがいや魅力の見つけ方

事務職のやりがいや魅力を見つけるのは大変です。

ですが、事務職でやりがいや魅力を感じている人も世の中にはいます。

どういうところでやりがいや魅力を感じるのでしょうか。

やりがいや魅力を感じるために一番大切なことは、私は誰かの役に立っていると考えることです。

これがやりがいや魅力を見つける唯一の方法です。

自分の仕事が誰かの役に立っていると思うことが出来れば、仕事にやりがいや魅力を感じられるんです。

事務職の仕事はやはり単調なので、単調なものの中から面白さを見出さなければなりません。
その中でこの仕事は誰の役に立っているんだろう?と深く考えることが大切です。

例えば、どういう人に役に立っていると感じることが多いのでしょうか。

社内の人のサポートが出来て笑顔でありがとうと言われた時

社内の人のサポートが出来て笑顔でありがとうと言われた時に、事務職のやりがいや魅力を感じやすいです。

社内の人に感謝されることって楽しい。そう思えたらつまらない仕事だと思っていたことが、楽しい仕事に変わる場合があります。

笑顔で感謝されることって誰だって嬉しいものですよね。

ですが、社内の人が無愛想で、全然御礼を言わない職場の場合はどうでしょうか。

その場合、そういうやりがいや魅力を仕事の中で感じにくくなります。

社内の周りの人が嫌いな人ばかりでも同様です。嫌いな人のサポートなんてしたくないと思ってしまうかもしれません。

ここでのやりがいや魅力は社内の人間の影響によるところが大きいです。

来客対応で、この会社は雰囲気が良いねと言われた時

来客対応で、この会社は雰囲気が良いねと言われたときに、事務職のやりがいや魅力を感じやすいです。

来客対応でお客様にお茶出しに行くというのはどの会社でも起きうることですよね。
そこで直接的に言われることはなくとも、商談などが終わった後に営業の人から、さっき来たお客様に「会社の雰囲気いい感じだね」とか「笑顔が素敵な社員さんがいるねって言ってたよ」とか言ってもらえる場合があります。

本当にそういう時は、会社の顔になれてよかったと思うはずです。

お客様との対応も立派な仕事です。
そこで会社のためにという思いでしっかりとした対応が出来れば、この会社いいなって思ってもらえます。

そういうところにやりがいを見出すのもオススメです。

このように、誰かの役に立っていると思うことが出来れば、事務職でもやりがいや魅力を感じることが出来ます。
単調な作業だなと仕事内容で感じたとしても踏ん張って我慢できるようになりますよ。

ストレングスファインダー 感想 レビュー 評価転職活動前に絶対に購入すべき本ストレングスファインダーとは?私の感想レビュー評価

 

それでも事務職のやりがいや魅力が見つからないと感じた時に

事務職のやりがいや魅力の見つけ方は誰かの役に立っていると考えることとお伝えしましたが、それでもやりがいや魅力を感じることが出来ないと感じた人もいるのではないかと思います。

例えば、社内の人間関係が悪くて、挨拶もしない人もいる。
毎日怒った声が社内に響き渡る。

そういう会社だと、この会社のためにわざわざ役に立ちたくない!と思うかもしれません。

また来客もほとんどない会社で、社外とのやり取りは基本電話応対という場合もあります。
そのような場合は、なかなか来客の対応の時に感じることが出来るやりがいや魅力を感じる機会がありません。

あなたがもし事務職のやりがいや魅力を感じられなくてつまらない場合、転職をおすすめします。

転職する場合は、事務職と異なる営業職などのパターンか同じ事務職の転職のパターンがあります。

営業職への転職の場合

営業職への転職の場合、仕事の内容ががらりと変わることでしょう。

勇気のある選択かもしれません。ですが間違いなく仕事のやりがいや魅力を感じやすくなります。
よりお客様と近い距離で仕事ができ、より社内のチームワークが求められるからです。

事務職では絶対に経験できなかった気持ちを経験できると思います。

営業職でも、商品の発注をしたり、契約書を作ったりという作業も求められる場合もあるので、事務職での経験を生かすこともできます。

営業職は求人も多いです。

日々本当にやりがいを感じられなくてつまらないと思っているなら営業職はいいですよ。

販売職への転職の場合

販売職への転職の場合は、恐らくデスクワークだった状況からきびきびと動き回る仕事に変わることでしょう。

お客様が来店したときに、積極的にコミュニケーションを取ったりして、商品の販売を目指します。
お客様はBtoCなので無限にいるので顔を合わせるお客様は毎日変わります。

毎日話す内容も変わるので、同じ仕事で飽きたと思っている人は、販売職もおすすめです。

未経験でも始めやすいのが販売職なので、スキルもないしどうしようと思っていても応募できます。

事務職への転職の場合

事務職から事務職に転職してしまうというパターンもあります。

これはどういう時かというと、社内の人間関係などがひどくて、そういう部分でこの会社のために事務職をやりたくないと感じた時です。

別の会社の事務職に転職して、社内の雰囲気がすごくよくて働きやすくなって楽しくなったと言っている事務職の人はたくさんいます。

もし、事務職は続けたいけど、今の会社で続けるのはいやって思っている人は、違う会社の事務職を検討してみましょう。

事務職から事務職への転職は、事務職経験もあって内容もそこまで変わらないのでハードルは低いですよ。

関連記事:正社員の事務職を目指さない場合は派遣会社という選択肢もあります。

派遣会社 時給が高い一番時給が高い派遣会社はどこ?派遣社員の方が正社員より給料いい。

転職エージェントを活用して転職すべき

転職エージェント おすすめ

私自身は転職エージェントを利用して、転職活動を行い、転職に成功しました。

転職活動は、書類づくりに、求人探し、面接の対策、自己分析などやることがたくさんあります。
沢山あると、どれからやっていいか分からず、面倒くさいと思って行動しにくくなります。
せっかく転職を少しでも考えたのに、何も変わらないのは勿体ないですよね。

そこでおすすめなのが、転職エージェントを使って効率よく転職活動を行うことです。

特に在職中の転職の場合は、時間もないので、細かいことはプロに任せたほうが楽です。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたに合う求人を紹介してくれるサービスです。
エージェントは、求人で社員を募集している会社から、報酬を受け取っているので、利用が無料です。

転職エージェントに登録すれば、書類作成、求人の選び方、面接対策など、転職のプロから直接アドバイスをしてもらえます。
それによって転職で失敗する確率を大幅に下げることが出来ます。

エージェントは会社の内部事情に詳しいので、離職率の高い企業や、忙しい会社に関しては事前に伝えてくれます。
そのため「残業時間が月20時間以下の会社を希望」と具体的に伝えれば、それに合った求人を探してくれます。

また転職エージェントはメールのやり取りが基本なので、今の会社にバレる心配がありません。エージェントとの面談も個室で行えて、バレないように注意を払ってくれます。

エージェントの利用で、一人で転職活動をするよりも効率よく転職活動をすることが出来ます。転職で成功するためにも転職エージェントを使うのが最も良い方法です。

おすすめの転職エージェントは【リクルートエージェント】です。



リクルートエージェントは、全国に拠点を持つ転職エージェントの大手で、非公開求人を最も多く取り扱っています。転職活動をはじめてするという人は必ずと言って登録するエージェントではないでしょうか。
大企業の関連会社等、業績が安定していて待遇の良い求人が多いです。

そのため待遇アップや年収アップを狙うにはうってつけのエージェントです。

またエージェントのサポートは、書類作成から面接の受けごたえまで多岐にわたっており、しっかりとサポートをしてくれます。時間がかかる履歴書や職務経歴書などの作成も、プロのエージェントにアドバイスを頂ければ、スムーズに作成できるので、一人ではものすごく大変な転職活動の手間がかかる部分を大幅に省略することが出来ます。
個別コンサルをしてもらえるようなものです。

在職中であっても土日でも利用が可能で、あなたは無料でキャリア相談をしたり、求人の紹介を受けることが出来ます。担当エージェントにいろいろと質問できるので、心理的にも安心です。

求人は、事前にエージェントが審査をしているので、労働環境に問題のある企業や離職率の高い企業などの、いわゆるブラック企業の求人に引っかかるリスクもありません。

非公開求人には、優良な案件がいっぱいあるので、リクルートエージェントを利用することで思いがけない求人と出会えることもありますよ。

「自分は今、転職すべき?」「年収アップできる?」等、少しでも悩んでいるのなら、あなたの悩みを転職のプロに相談してみてください。

転職エージェントの体験談を読みたい方は下記記事もご覧ください。

資金もない 時間もない スキルもない資金もない。時間もない。スキルもない。俺は転職不可能だ!

リクルートエージェントの登録方法について

転職 異業種

リクルートエージェントに登録する場合、公式サイトから、「転職支援サービスに申し込む(無料)」又は、「かんたん!スピード無料登録」というボタンから登録できます。

そこで、転職に期待することで、転職希望時期や、希望勤務地、現在の職種、現在の年収やメールアドレスを登録します。
その後のプロフィール情報の入力で、名前、性別、生年月日、住所、電話番号、最終学歴などの欄に入力して完了です。

登録後、メールか電話でエージェントから連絡があり、面談の日程を調整してサポートを受けることが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

転職エージェント業界第一位!

リクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

転職エージェントに無料登録して、一度面談を受けて応募可能な求人を紹介してもらいましょう。

リクルートエージェント以外だと、dodaも人気です。

dodaもリクルートエージェントと同じく転職エージェントで、大手の関連会社や安定した中小企業等、ハローワークや転職サイトでなかなか見つけることのできない優良企業の求人を見つけることが出来ます。

第二新卒から30代の未経験の転職まで幅広い人材に対応しているのも魅力です。

dodaは、何と言っても一度履歴書や職務経歴書を書いて登録すれば、履歴書なしで応募できるのが強みです。

リクルートエージェントに続き、業界第二位なので、dodaを合わせて使う人は多いですよ。

下記のボタンから無料登録して転職相談することが出来ます。

転職相談は下記のボタンからどうぞ。

\面談日を決めましょう/

dodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

登録後にやるべきことは?

エージェントから電話をもらえるので、知らない番号でも安心して電話に出ましょう。求人の情報を聞けたり相談の話もすることができます。
電話に出れなかった場合も、なるべくすぐに掛け直すのがおすすめです(エージェントの人も忙しい場合があるので)。

転職エージェントでどれを掛け持ちしようと悩んだら大手2社のリクルートエージェントとdodaを抑えておけば心配ありません。

私はリクルートエージェントdoda の併用をおすすめしています。

企業や求人数やサービスなどはリクルートエージェントとdodaの差はほとんどありません。

差があるとしたらあなたの担当になったエージェントの質ですがこればかりは担当者の運というものがありますので、リクルートエージェントとdodaどちらが良い悪いというものではありません。

担当者が合わないなと感じたら別の担当者にして欲しいと頼んだり、リクルートエージェントとdodaを一緒に使って途中で自分の合っている方を使うようにするのが良いでしょう。

下記にリクルートエージェントとdodaの併用をおすすめする理由を詳しく書いています。

転職エージェント 複数 掛け持ち 二社転職エージェントの複数掛け持ちは2社で充分!その理由を力説する。

転職エージェントについてもっと詳しく知りたい人は下記にまとめているので参考にしてください。

転職エージェントとは転職エージェントとは?を徹底解説。メリットや転職サイトとの違いも公開

転職前に自分の市場価値を知りたい人はMIIDAS(ミーダス)がオススメです。

MIIDAS(ミーダス) 使えないMIIDAS(ミーダス)がマジで使えない?メリットデメリットから考える

よくある質問

転職エージェントについての良くある質問をまとめました。ご参考にしてください。

 

転職サイトに登録したら必ず転職をすすめられるの?

転職サイトに登録しても必ず転職しろと勧められるわけではありません。あなたの状況によっては転職をしなくていいと言われる場合もあります。

 

転職って難しくないの??

転職するのであれば転職エージェントが最も簡単な方法です。転職の面倒くさい手続きなどのサポートをしてくれます。

 

業界や職種について全然詳しくないが相談して大丈夫?

業界や職種について詳しくない人はたくさんいます。転職エージェントはあなたの状況をヒアリングしてあなたに合った仕事を提案してくれます。

 

転職エージェントは登録に時間がかかるの?

登録は5分で出来るので簡単です。

 

転職エージェントを使ってお金はかからないの?

転職エージェントは完全無料で使うことが出来ます。