人材会社が求める人物像と面接でインパクトある自己PR例を考えてみる

人材会社 面接 自己PR 例

人材会社に求められる人物像ってどんなものでしょうか。
人材会社へ転職する際の面接で使える自己PRってどんなものがあるのでしょうか。
自己PR例についても考えてみたいと思います。

今回の記事を読めば

  • 人材会社で求められる人物像
  • 人材業界の面接の自己PR例

が分かります。

人材会社が求める人物像

人材会社が求める人物像をまとめます。

人材業界の中にも様々な会社があるので、一概にはこうでなければならないというものはないですが、以下のような要素を満たしている人は強いです。

  1. コミュニケーション力が高い人
  2. 人を大切にする人
  3. ノルマを達成にこだわれる人
  4. 人脈が広い人

1.コミュニケーション力が高い

人材会社が求める人物像の中にコミュニケーション力が高いというものがあります。

人材会社は人と人をつなぐ役割がありますよね。

特に人材を求める企業と、仕事を求める求職者をマッチングさせる仕事は、双方の希望などを聞きつつ、最終的に調整する必要があります。

調整をするのって簡単じゃないので、コミュニケーション力が求められます。

元々部活をやっていたとか、サークルの運営をしていたとかで人と話すのが得意な人は有利です。

2.人を大切にする人

人材会社が求める人物像の中に人を大切にする人というものがあります。

人を大切にするという人への愛情がないと人材会社で流行っていけないです。

求人を紹介して「はい、終わり」でアフターフォロー一切なしだと、その後求職者が仕事を辞めた時に再び同じ人材会社を使いたいと思うでしょうか。

相手のためになんとかしていい人材を見つけてあげたい、相手のために何とかしていい仕事を見つけてあげたい、そういう思いを持てる人は企業と求職者のマッチングを上手く出来るので、結果的に双方の信頼を勝ち取ることもできますし、社内の評価も上がります。

3.ノルマ達成にこだわれる人

人材会社が求める人物像の中にノルマ達成にこだわれる人というものがあります。

人材会社も勿論しっかりと毎月売り上げをコンスタントにたたき出さないといけません。

従って、人材をしっかりと紹介し、マッチング成立ということに毎月こだわっていかないといけないです。

目標を達成するという勢い意志を持っている人ほど重宝されます。

4.人脈が広い人

人材会社が求める人物像の中に人脈が広い人というものがあります。

最初から人脈が広いと人材会社で元々培われていた取引先以外のビジネスチャンスを広げる可能性が出てきます。

色んな業界につてがあったら、人材会社に勤めているから、人材は必要ないか?と営業をかけることが出来ますし、人脈がもともと多いとそれだけで有利になります。

もちろん、人脈が学生の時から広いという人はなかなかいないとは思うので、あったらプラスという感覚で良いと思います。

 

以上のような要素を人材会社が求めていたりします。

人材業界の面接でインパクトある自己PR例

では人材業界の面接でインパクトを与える自己PRにはどのようなものがあるでしょうか。

自分だったらこういうアピールをするかもといういくつか例を考えてみました。

あんまりいないと思いますが、下記のようなパターンの方もいると思います。

1.LINEの友達5000人います

私の自己PRはLINEの友達が5000人いることです。

今まで人脈を培ってきた経験から人付き合いが好きになり、もっと人に役に立つことをしたいと考えるようになりました。

色んな業界の知り合いがいるので、貴社に入社してからは今までの人脈を生かし、幅広く営業活動をしていき、より多くの顧客を獲得して参る所存です。

2.twitterのフォロワーが1万人います

私の自己PRはtwitterのフォロワーが1万人いることです。

ちなみにインスタグラムも最近5000人超えました。

SNSの運用によって自分自身のブランディング力や、自分自身を売り込むマーケティング力が身についたとおります。

どういう風な立ち振る舞いをすべきか、どうやって売り込んでいくのが効果的なのかということを分析して、実際に結果につなげることが出来るので、貴社に入社してからも確実に求職者の良さを企業に伝えて、しっかりと結果につなげることにこだわります。

3.メディア運営経験があります

私の自己PRはメディア運営経験があることです。

いくつかブログやサイトを立ち上げて運営していました。

その為、どうやったらサイトに集客できるか、どういう言葉で人は動くのかということを常に意識して行動していました。

また外注なども経験があるので、どういう風に人にお願いしていくかということについても勉強しております。

これを同様に人材会社で働く中でいかしていき、相手のニーズに合った提案を心がけていきたいです。

4.合コン経験がたくさんあります

私の自己PRは合コン経験がたくさんあることです。

特に私は参加をする方というよりは幹事を勤めさせていただくことが多かったです。

そのため場を仕切るリーダーシップ力、周りの様子をしっかりとみる気遣い、一人一人に興味を持ち、相手の興味を引き出してその話題に柔軟に対応する力を学びました。

またそれにより交友関係も広くなり、人とのつながりも増えたので、しっかりとそれを貴社で生かしていきます。

5.アプリ開発経験があります

私の自己PRはアプリ開発経験があることです。

プログラミングを独学で学んでおり、色々なコードが打てるようになりました。

ゲームアプリなども開発してみたいと考えて、趣味としてアプリを開発したことがあります。

忍耐強く一つのことに集中したり、新しいアイデアを生み出したりするということがこの経験を通じてやりがいを感じましたし、それを貴社で約立てることが出来ると思います。

仕事では色々な予想外な出来事が起きると思いますが、その都度臨機応変に対応していきます。

6.海外を旅していた経験があります

私の自己PRは海外を旅していた経験があることです。

アジアの方をバックパッカーで回っていました。

そしてその後は、さらに挑戦したいと考えて、南米の方をバックパッカーしていました。

英語だけはある程度勉強していましたが、アジアの言語やスペイン語などは全然勉強していなかったので現地ではジェスチャーを使って会話をしていました。

この経験により度胸がつき、何があっても諦めない挑戦心を磨くことが出来たので強みであると考えています。

貴社に入社してからも壁にぶつかった時にへこたれず諦めずに挑戦するということを信念にして向かっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自己PRは、就活生の場合、学業、部活、サークル、アルバイト、社会人の場合はそれに加えて仕事などから考えて作ることが多いです。

面接官にしっかりとインパクトを与えてこいつ面白いなと思ってもらえることが大切です。

勿論相手の雰囲気によって伝わらない場合もあるので運もあると思います。

運もある分、就職活動や転職活動では何度もアタックしていくことが大切だと思います。

人材会社で働きたいと思っているなら、自分の今できる最大限の努力をしていきましょう。

就職活動をしている人へ

就職活動をしている場合、色んなサービスがあるので使ってみることで可能性が広がります。

例えば

  • いい就職ドットコム
  • meetscompany

はおすすめです。

いい就職ドットコムは、就職のサポートをしてもらえますし、meetscompanyでは優良企業と巡り合うことが出来ます。

もし利用していない場合は無料なので利用してみましょう。

\面談日を決めましょう/

いい就職ドットコムで就職相談する

3分で登録。しかも無料です…!

\採用イベントに参加しましょう/

Meetscompanyで良い会社と巡り合う

今すぐエントリー可能。しかも無料です…!

転職活動をしている人へ

転職活動をしている場合は、転職エージェントを用いた転職活動が効率的です。

下記に転職エージェント一覧を乗せておくので、いくつか使ってみてください。

ぐんと転職活動が楽になるはずです。

転職エージェントまとめ。どんな時に3社以上複数利用すべき?

特に、転職エージェントであれば、リクルートエージェントやdodaがおすすめです。

下記から登録して使用可能です。

転職エージェント業界第一位!

今すぐリクルートエージェントで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

\面談日を決めましょう/

今すぐdodaで転職相談する

5分で登録。しかも無料です…!

人材会社で働けることを応援しています。